はじめてのバイオリン

リトミックを取り入れた、わくわく音楽体験
バイオリン体験
 
 

第6回目

 

2023年1月17日(火)

15:30~16:10
16:20~17:00
対象年齢:2歳半から小学校に上がるまでのお子様(定員6組)
 

参加費:2,200円/お子様お一人に対して

兄弟2人目からは1,000円(入室されるお子様全員に必要です)
Lineのご登録で、参加費が2,000円になります。
次回の予定や教室の空き状況なども配信します。
「今回は参加できないけど、ちょっと気になる・・・。」というだけでも、お気軽に登録してね。
場所: 心音cocoron 札幌市中央区宮の森1条6丁目2-27
(駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください)
もっと詳しい活動の内容はインスタを見てね!

講師プロフィール

仁木彩子
(札幌交響楽団・ビオラ奏者)

兵庫県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。相愛大学附属ジュニアオーケストラ等に所属。大阪教育大学教養学科音楽コースを卒業、同大学院芸術文化専攻を修了。 関西新人演奏会等に出演。
2002年8月、 (公益財団法人)札幌交響楽団にヴィオラ奏者として入団。
2005年(財)北海道文化財団芸術家海外研修事業の奨学生としてウィーン国立音楽大学に1年間留学し、帰国後札幌にてリサイタルを行う。ヴァイオリンを東儀幸、稲垣琢磨、 ヴィオラを竹内晴夫、ハンス・ペーター・オクセンホーファーの各氏に師事。現在は(公益財団法人)札幌交響楽団でヴィオラ奏者として活動中。
 

戸澤里美
(北海道大学大学院教育学院博士後期課程・Et Bon Voyage 代表)

北海道教育大学旭川校芸術文化課程音楽コースを卒業後、ロータリー国際親善奨学生として、カナダ・マニトバ州のブランドン大学で現代音楽を学ぶ。2009年に音楽修士号を取得後、アルバータ大学で民族音楽を研究し、2011年に学術修士号を取得
。これまでに、詩や絵本朗読、美術的要素を取り入れたピアノ演奏会の実施や、小学生を対象とした、カナダやアラスカとのオンライン文化交流の企画・運営に加え、保育者養成校で音楽を指導した経験も持つ。現在は北海道大学大学院教育学院博士後期課程で、多民族・多文化社会での地域づくりにおける、芸術活動の意義について研究を進めている。
HP: https://www.satomi-tozawa.com/